防犯には、少しの無施錠も許されない。

防犯を意識するにあたって、無施錠というのは少しも許されない禁忌となります。玄関のドアを施錠していればいいという話ではありません。それどころか、2階の窓やどう考えてもここからは入れないだろうという部分の窓にも、しっかりとカギをかけるべきなのです。


空き巣は、簡単に入れるということを再優先してはいますが、ここには金があると判断した場合は何度も下見を行い、周囲に人がいない時間帯や侵入経路、それにかかる時間を繰り返しシミュレーションしたうえで犯行に及びます。そうなると、ここは安全だといえる箇所なんてないのです。2階や3階の足場がない窓だって、侵入経路になり得ます。車の運転と同じで、「〜だろう」ではなく「〜かもしれない」で行動することが大切です。


そして、可能であれば全てのドアと窓をツーロックに、窓ガラスは割れないものへと交換しましょう。ツーロックが防犯として効果的なのはもちろんのことですが、割れないガラスを採用することは、窓ガラスそのものがカギになると思っていいことです。簡単に割れる窓ガラスである場合、それは「無施錠と同じこと」になるのです。どんなに強固に施錠しても、窓が割られたらそれで全て無駄になりますから。初期費用はかかってしまいますが、施錠を無駄にしないためにも、ガラスにも施錠するという意識を持ってもらえればと思います。

空き巣はどこをターゲットにしているか、それは空き巣本人にしかわかりません。自分たちの家もターゲットに含まれているのかもしれないということを理解して、出来る限りの対策をしていきましょう。