ディンプルキーを使用していたにも関わらず、知らない人に解錠された

カギというとガタガタとした形状のものをイメージされることが多いですが、数年前から丸いクレーターのような窪みがついたものをよく目にするようになったことはないでしょうか。これはディンプルキーと呼ばれる種類のカギで、普通のガタガタ状のカギに比べてかなり解錠するのが難しいと言われています。一説ではこのディンプルキーは違法な解錠方法であるピッキングが絶対にできないという話まであるくらいですので、それだけ凄いカギであることがわかるでしょう。しかし、そんなディンプルキーを使用していたにもかかわらず、自宅のカギが知らない人に解錠されていました。それも自分が自宅に居る時でしたから、その瞬間はギョッとしてしまいました。

普段から自宅に居てもカギをしたまま過ごすたちですので、自宅は常に玄関にカギがかかっている状態です。ですので、解錠をした人はきっと私が家の中に居ないと踏んで、侵入しようと考えた故にディンプルキーを解錠したのでしょう。いわゆる建築物不法侵入者というやつですね。しかし、カギを開けたと同時に人の気配を感じたのですぐさま逃げたのだと思います。

さて、ここで問題なのは、自宅に知らない人が侵入してきたということよりも、絶対に解錠できないと言われていたディンプルキーが合鍵すら持っていないであろう知らない人間に勝手に解錠されてしまったという事実です。いままでディンプルキー最強伝説を信じきっていたものですから、こんなことが起こりうるだなんて夢にも思いませんでした。

やはりどれだけカギ作りの技術が進歩したと言っても、そのカギの進化とともに不法侵入者の解錠技術も進歩しているのかもしれません。そう考えると、たとえどれだけ高度な技術を駆使したカギを使用していたとしても、それが破られるのは時間の問題なのでしょう。ですから、常にカギは新しいものにした方がいいでしょうし、最新のカギを過信するのもよくないと思いました。